ブログ

IBH銀行☆ANAと提携中

更新日:

おはようございます♪

きょうは、IBH銀行の提携先の話です。

IBH銀行はマレーシアの投資銀行で、いろいろな有名な会社と提携をしていますが、その中に航空会社『ANA』もあります。

IBH銀行の会長ブラヒム氏は、Brahim's Holdings Berhadという会社も運営されており、食品関連の会社で、Brahim'sという会社は、ANAに機内食を提供しています。

 

《ANA NEWSより》            ANA第15‐028号 2015年6月25日

ANAは日本で唯一、SKYTRAX社から最高評価「5スター」に3年連続で認定されたエアラインとして、日ごろよりさまざまなサービスの向上に継続して取り組んでいます。

 ANAでは、主に海外のお客様よりハラール認証の機内食オーダーが増加している傾向*に加え、イスラム教徒の人口が全体の6割と言われるマレーシアの首都クアラルンプールへの就航を踏まえ、2015年7月以降、ハラール認証を受けた機内食メニューを以下の通り充実してまいります。
   *ハラール機内食オーダー数 : 2015年度は2011年度比較で約2倍(他社受託分含む)

 イスラム教徒は全世界で16億人と言われ、全世界人口の約2割強を占めています。高まるイスラム圏からの需要拡大に備え、ANAグループでは2014年1月に機内食における「ハラール食」の世界最大手であるマレーシアのBrahim’s Holdings Berhad(以下「ブラヒム」)と業務提携を発表し、将来を見据えてANAケータリングサービス*の川崎工場でハラール認証を2014年7月に取得するなど、ハラール食への対応と品質の強化をおこなってきました。
   *ANAグループの機内食ケータリング事業会社

 ANAは6月12日に成田=ヒューストン線を開設し、9月1日に成田=クアラルンプール線を新設するほか、2015年ウィンターダイヤより、成田=ブリュッセル線の開設を発表しております。これら国際線事業の拡大や、訪日旅行客の増加、また、アジア~北米間の流動の伸びを受け、ANAは国内外の多様化するお客様のニーズに応え、今後もより快適なフライトの実現に向けて努力してまいります。

  • ハラール認証機内食のメニューが充実します

 

 

 

IBH銀行案件で運用を始めて、銀行のこれからさらなる展開にはもちろん興味深々ですが、自分には無関係と思っていたマレーシアがとても身近に感じられ、東南アジアについてもっと知りたいと思うようになりました。因みに、新婚旅行はバリ島でしたずいぶん昔の話ですが^^;

 

-ブログ

Copyright© まりものIBH♡自分年金作り , 2020 All Rights Reserved.